熱処理Q&A

真空炉って何ですか?
無酸化熱処理炉の一種です。真空炉はバッチ炉になります。
無酸化熱処理とは、酸素の無い状況で過熱、冷却を行いますので酸化皮膜が付きません。
酸化皮膜とは、素材のクロム、鉄と酸素が化合して表面に(酸化皮膜)酸化スケールを 形成するので黒く仕上がります。 この真空炉では熱処理前、加熱中に真空に引きますので、炉内に酸素が無い状態で処理いたします。酸化スケールが付かないのでステンレス等の光沢を維持したまま焼きなましが出来ます。
真空炉のメリットは、処理温度をプログラムコントロールしますので昇温時間、冷却時間(徐冷)に対応できます。

Q&A一覧に戻る