熱処理加工実績

ステンレス製プレス品(深絞り)

真空炉、光輝焼鈍炉 無酸化焼きなまし

  • 深絞り品(キャップ)自動車部品 ゴムホースかしめ金具
  • ステンレス
  • 光輝焼鈍炉
ステンレスの板材よりプレスにていろんな形に加工した製品です。プレスにて深絞りされたワークは内部応力が大きく時間の経過により割れる原因になります。(時効割れ)
また、オーステナイト系ステンレスなのでプレス加工されるとマルテンサイト組織に変態するので耐食性が著しく低下します。
無酸化焼きなましによりオーステナイト組織に戻し耐食性を上げ時効割れを防ぐことが出来ます。
2012年05月02日
   

※写真をクリックすると、拡大表示します。

ご依頼・お問い合わせはこちら

有限会社 阪和熱工は、最新光輝焼鈍炉・大型真空炉を駆使し、ステンレスの表面光沢を維持した熱処理が得意です。 ステンレスの特性を知り尽くし、知恵と経験を積み重ねた熱処理加工のプロに是非ご依頼ください。